種苗センター事業案内(29年版)
5/12

(1)産米改善対策(2)麦類・大豆等品質改善対策「いわて純情米生産・販売戦略」で目標とする「売り切ることのできる」県産米の確立を図るため、関係機関・団体と連携し、品質・食味の安定向上に向けた取り組みを進めています。①食味の安定向上等に向けた目標ⅰ1等米比率95%以上ⅱ整粒歩合80%以上ⅲ種子更新率100%ⅳ玄米タンパク質含有率6.8%以下②安全出穂期を考慮した適正品種作付指導③適期刈取と適正乾燥調製技術の徹底④技術対策会議、先進地研修会の実施⑤技術資料等の作成・配布⑥消費地へのPR経営所得安定対策による国産麦・大豆の生産拡大への対応や実需者ニーズにあった商品性の高い麦・大豆生産に向けた取り組みを進めています。①優良種子の生産・供給②適期刈取と適正乾燥調製技術の徹底③品質改善目標ⅰ適正水分小麦12.5%大豆13%ⅱ整粒歩合小麦80%大豆85%ⅲ1等比率小麦80%大豆50%④種子更新目標種子更新率小麦75%以上大豆60%以上(「いわて純情米」パンフレットの作成・配布)【技術資料の作成・配布:麦の品質向上チラシ】【技術資料の作成・配布:産米改善チラシ】【各種研修会の開催】【いわて純情米パンフレット】(採種生産者全体研修会)2.品質改善対策

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る